漫画「セトウツミ」を読んで関西人の普段の会話ってああなん?て思った話

「セトウツミ」という全8巻完結の漫画を読了しました。

『セトウツミ』は、此元和津也による日本の漫画作品、およびそれを原作とした映画、テレビドラマ。『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2013年5月号から2017年12月号まで連載。大阪の男子高校生、瀬戸と内海が放課後に川辺[1]で繰り広げる関西弁の会話劇を描いた作品。キャッチコピーは「この川で暇をつぶすだけのそんな青春があってもええんちゃうか」[2]。

via: セトウツミ – Wikipedia

このブログを書く、今の今までドラマ化や映画化の話も知らなかったわけですが、前に#dongurifmを聴いていてオススメの漫画として紹介されていたので気になっていたのです。

256 8巻完結の“トーク漫画”「セトウツミ」が最高なので読んでほしい。必ず、最後まで。 by donguri.fm | Donguri Fm | Free Listening on SoundCloud

基本的には川辺に高校生2人が座って繰り広げられる会話を淡々と続けるだけの、ある意味「日常系」の漫画なんだけど、関西のノリなのかその会話が基本漫才みたいなボケ・ツッコミ合戦の様相を呈していて、ただのトークなんだけど漫才聴いてるみたいなテンポやスピード感があるわけ。川辺なので通行人がいたり学校絡みのサブキャラとかがちょこちょこ出てきて展開するんだけど、まあなんと見事なまでに舞台が変わらないのです。ほぼ8巻ずっと同じところに座ってるの。

(さらに…)

投稿者:yager 投稿日時:

「だがしかし」の作者コトヤマさんと懐かしいインターネッツを共有してる感

今や、HuluやAmazonプライムビデオで隙間時間にテレビを見るばかりで、毎週決まってテレビを見るっていうのはあまりないんですが、唯一見ているのがだがしかしです。

TVアニメ『だがしかし2』公式ホームページ|TBSテレビ

なんでかというと、アニメ版の舞台設定が地元の千葉県富津市(さらにいうと竹岡という町)だからなんだけど、原作漫画もアニメも面白いので見続けています。現在アニメは2期目なんですが、昨晩放送された9話でなんか既視感と言うかなんというか笑ったネタがありまして。

(以下、ネタバレ気味です)

(さらに…)

投稿者:yager 投稿日時: