香ばしいチバニアン

まだ現地行ってないんですが、新たな地質時代がチバニアンになるか!?と盛り上がっている申請に茶々がはいっているとか。古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会という団体が「申請は捏造だ」というメールを送ったと毎日が報じています。

チバニアン:審査中断 国内別団体が異議 申請側「妨害行為」 – 毎日新聞

そりゃ、大変だ。

チバニアン自体これまでほぼノータッチだったのですが調べてみると、古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会 楡井久会長のインタビューがありました。

2015年05月07日
現場にアタック│森本毅郎・スタンバイ!|TBS RADIO AM954 + FM90.5

長年に渡りこの千葉セクションの研究を続けてきた人物で、地質時代決定にも前向きに勧めているように見えます。

2017年06月07日
産総研:千葉県市原市の地層を地質時代の国際標準として申請

申請の際にも研究チームから、楡井氏および古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会への謝辞があり、長年研究をしてきた団体という印象です。

一方で、チバニアン決定が有力になってからなのか、微妙に関係が崩れてきていそうなニュースも

2018年2月12日
「チバニアン」斜面に見学用コンクリ階段 市は困惑:朝日新聞デジタル

市は国の天然記念物指定を目指していたところ、ブロックの階段を勝手に作られたのだとか。

そして、今回の毎日新聞の記事が正しければ、古参チームが、若手チームの申請に難癖つけている印象・・・。

§

少なくとも、

  • 古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会
  • 若手研究グループ
  • 行政

それぞれの意思疎通がうまくいっていないように思われます。
事実が分からないので誰が悪いかなどは分かりませんが、上記に加え地元住民の理解・協力も含め全体的に手を取り合って進めなければいけないところです。

仲良くやってくださいよ・・・。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL