ボートで楽しむ、亀山湖の紅葉

本日、早起きして亀山湖まで撮影に行ってきました。
第一の目的はお仕事をいただいた動画撮影だったのですが、せっかく紅葉の時期にいくので、写真も撮ってまいりました。というわえで、朝早く家をでてブログ書けていなかったので、今日の分はこれで!

本来は、9日までやっている観光クルーズに乗ろうかと思っていたのですが、一番早い便でも10時。写真を撮るなら朝靄も見られる早い時間の方が良く、ボートが良いのでは?とアドバイスをいただいたので、初めてのボートです。

貸しボートも知人にご案内いただき大変助かりました。
亀山湖 のむらボートハウス

ハンドコンというハンドルで5段階の前進と、3段階のバックがある舵でボートを操作します。割と適当な説明を受けましたが凄まじく単純な仕組みだったのですぐに理解できました。ライフジャケットも貸していただいていざ出航!


朝靄の残るボート乗り場。ド素人の私は当初ボートといえば手漕ぎかと思っていたけど、撮影ポイントにたどり着くのに電動じゃなかったら無理だった(笑)


恐らく、もう少し早く着いていれば、もっと濃い霧に包まれた幻想的な写真が撮れたのかも。
寝不足にてスミマセン。


風もなく湖面はまさに鏡のよう!
最悪紅葉の色づきが悪くてもリフレクションで楽しめるかも、、、という期待感


部分的に真っ赤な木も見つけることができた。
ただ、やはり大半の木はダメージが大きくすでに枯れている。


この辺までくると、ボートの操作にも結構慣れてきて、バックで迫り出した枝の下に潜り込んだりもできるように。


緑、黄色、赤、の良いグラデーションも発見


流木でどん詰まりになっているあたりに鳥がいた!
近づけないのを分かっているのか逃げる素振りもない。


流れが止まっているからこその、見事な反射。
右側の木の陰に鳥がいるのがポイント。


その鳥をクローズアップ!


黒い鳥もいてしきりに羽を広げていた。これは求愛?


これまた見事なリフレクション。ちょっと彩度あげすぎましたか?


葉っぱのダメージは大きいけど、たまに赤やオレンジの色づきの良い木も見つかります。


一瞬だけ青空見えた。
雨じゃないだけましだけど、ずっと曇りでした。


さて、赤い橋をくぐってターゲットにしていた猪の川に入ります


これまた一瞬だけ日が指したときの写真が、なぜか高山のような雰囲気に


川幅が狭くなってきていますので、釣り人さんの邪魔にならないようにいかないと


葉っぱはほとんど枯れちゃっているけど、大雑把に見れば色のグラデーションは楽しめます。


猪の川のいけそうな一番奥で撮ったもの。
底が見えるくらいだったので、ここで引き返した。
まだ行けたのかもしれないけど無理はしないほうが良いね。


帰り道に、さっき通ったはずのルートも角度を変えると違ってみえる。


10時になって一番早いクルーズのみなさんとすれ違った。
静かな湖で「あら、写真撮ってる人もいるのねぇ」なんて声がはるか遠くからでも聞こえるので、「手を振って下さーい」と声をかけて撮ってみた。手ぶれた(笑)


そして、御一行はさっきボクが行っていた猪の川方へ入っていった


最後に葉っぱのダメージが少なめな気を見つけた。


ボケを強調するために手前を接写してみたらいい感じに。

§

というわけで、紅葉の状態としては塩害がひどく、タイミングとしても少し遅かったようでかなり厳しいコンディションだったのですが、太陽はあまり出なくても穏やかでいい天気。湖面のリフレクションなども楽しめたのでかなり充実のロケでした。

なんと言ってもボートが楽しくてね。
また行ってみたいと思いましたよ。のむらボートハウスさんお世話になりました。

今回撮った動画はどこかに公開されるか確定していないのですが・・・、できたらお知らせしますね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL